スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月11日 16:02

BPdoh3kCUAAs_Ld.jpg

テスト投稿です

スポンサーサイト

D'art beau Jait

2014年07月01日 17:06

img-ad7b9f7b3f7d1a97deedccf2ca8a9597.jpg
(Photo credit: Spring time)

MS: the duo frontier

2012年08月16日 11:32

minsung beijing 2最近は、以前にもましてグループ内ユニット妄想(夫婦ペア妄想とは似て非なるもの)で遊んでいるのですが、6人いるとずいぶんな順列組合わせがございます中で、長年オフィシャルCPとして存在していた「みんしょん」に対して、わたくし実は他のCPを凌ぐほどの強烈な魅力を感じることが出来ずにおりました。そりゃあおまえの脳内でりくしょんヘヴンとかうどんパラダイスとか腐れきったビジョンが魍魎跋扈しているからだろこの外道が!座して沙汰を待て!て言われたらそれまでなんですけども。いやそれだけなんですけども。でもかつてのみんしょんの魅力ってなんだったんだろう。そして今のふたりが時々かもしだす「ね?」「うん」なアレの底無しな感じはなんなんだろう。みんしょん怖い。みんしょんrule the world…!

月亮星光北京之夜

2012年07月12日 14:59

hyesung beijing poster

北京公演の彗星さんです。たまたまこの写真で遊んでいるだけで文字などに意味はおぷそよ。
噂では体調があまりよろしくない時もあったとかなかったとかで、復活たった二日目の膝負傷で良くも悪くも記憶に残る音楽番組での寂しいお姿、おまけに最近は鎖骨の絆創膏でペンの心配の種を増やしつつ、しかし14年目のメインボーカリストとしてのお仕事はさすがのガチンコで、なにかこう細い鋼鉄製のテグスの束を思い切り床に叩きつける衝撃/快感に通じる例の歌声で、果たされていましたね。復活初日公演の「Perfect Man」と「Usha Usha」の回し蹴り二発も忘れられません。三十路でも腰の位置高ッ。

4年ぶりのShinhwaさん復活初日公演をソウルで拝み、2ヶ月経ってこなれたあたりで横浜の大盛り上がりのステージを間近で楽しませていただき、また1ヶ月余り後のツアー最終公演を北京で目撃する、という非常に贅沢な体験になりました。ひたすら感謝感謝です。
Twitterで、無礼講と勝手に称し自分で撮った写真をちょっとづついじりながら北京公演の思い出など呟いておりますが、しかしどんどん記憶が細切れになり、ただオレンジ色のナニカと白や黒や濃い藍色や、時々銀色のナニカがちかちかと目の前を巡るばかり。いっそ脳内で勝手に「こんなやったんや!こうにきまっとる!」て上映しちまえばいいのさ、と斜めに傾きながら生きていくんだ。そうさ、今までだってオイラそうやって生きてきたんだ……!

GRAND TOUR - THE RETURN 亜細亜巡回地点備忘録

2012年05月22日 00:24

■上海 - April 30, 2012/上海大舞台
ポスターやアイコンに準じるような画像に辿り着けなかったので、ご挨拶映像を。Shinhwaさんで中華圏を検索すると、やはり大陸でのソロ活動を頑張ってたジニさんがより多くヒットしますね。"韓中交流の年"である2012年の「韓国観光名誉広報大使」だし。これからまた中華圏で頑張るのかな。もっと中国語喋ってほしいな。


台北神話270■台北 - May 12, 2012/台北南港展覧館
上海に続いていろいろ萌え爆弾を投下してくださいましてありがとうそしてありがとう。台北はグッズがどれもなかなかツボをおさえた趣向で、さすが大陸とは一線を画す(?)センスが発揮された感。E代表と李代表の声でまとめたチケット発売中!CFのインサート書体もシンプルで好き。て云うか、全アジア公演中この告知画面のフォントが一番好み。←フォントはどうでもよかっぺ


日本神話270■横浜 - May 29-30, 2012/横浜アリーナ
■神戸 - June 2, 2012/ワールド記念ホール
はてさてどうなる日本公演。たぶん全員とっくに歌詞を忘れてるうろ覚えと思われる日本デビュー曲は歌われるのか。懐かしきジニさんの棒読み「アイシテルヨー」連弾は炸裂するのか。頼みの綱はワニさんの日本語能力?愛用のカメラを抱えてどっか行ったきり帰ってこなかったら面白いのに大変なのでそれは我慢して!


shingapore神話270■Singapore - June 16, 2012/Resorts World Convention Centre, Compass Ballroom
かりふぉーにゃまんねーず(りくでぃ)+たまにヘソンさんの英語MCに全観客の耳が集中するも途中でたぶん皆さん韓国語になる流れ。赤道直下の南国ムードに触発された様々なお戯れ(誰でもいいです)は飛び出すのか。ツアーも後半でだいぶこなれてきてるし、もしやそろそろへんてこモリが登場しないか。このデザイン嫌いじゃないんですが、どことなくなんとなく、ビールを飲みたくなりますね?…アレ?違う?
ちなみに同じ会場で6/30に草蜢がコンサートを開くのですね。草蜢は1985年デビューの27年目、踊って歌ってまた踊る香港の元祖妖怪アイドルにして不死身の三人組。アジアを相手にするなら14年目でヒャホーとか言ってる場合ではありませぬ。



広州神話270■广州 - June 30, 2012/广州体育館
大麦の公演告知ページでは北京と同じデザインなのですが、何処でお作りになったのか違うバージョンもおみかけしたので貼ってみました。今回のカムバでの団体写真は、結局この「談笑肩組みバージョン」と「剣を捧げ持つヴァンパイアバージョン(メイク濃いめ)」の2種類のみということでしょうか。そして本来広州公演は5/26に予定されていたものが6/30に延期されました。中国あるある♪なのか日本公演との絡みで後ろに回ったのか、知る由もありませんが、とりあえず「你们的心,我们的心,都一样!」で乗り切るしか。


北京神話270■北京 - July 7, 2012/北京万事达中心(五棵松体育馆)
まだ大麦にはページが出来ていないようで、萬事達中心のイベント案内にも情報が出ていません。さてもこの武侠小説の表紙みたいなデザイン、シンガポールと比べるといかにもこってりしていて「王者帰来」風ではありますが、なんだか張芸謀監督の映画みたいに超スペクタクルなノリで帰ってきそう… めくるめくワイヤーワーク!ありえない美しさではためく布!とんでもない向きで飛びまわるアクション!そんなShinhwaさん…だいたいどうなっちゃうか想像できますぞ。でも中華古装は三十路の貫禄がないとなかなか格好つかないので、今の皆さんならすごくお似合いだろうとも思います。ふふ。……へへへ。(と、関係ない方向へ妄想しつつフェードアウト)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。